寝床のお話

Posted on

20191226
1月下旬のキャンプに向け、スリーピングマットやコットや色々考えていてアウトドアショップの店員さんとお話したことの記録。
NEMOテンサー レギュラー マミーやより暖かいテンサーインシュレーテッド レギュラー マミーへの憧れを持ちつつ、テンサーのようなエア式の寿命は使い方次第だが5年ほどくらいらしく、しかもその間にリュックの中で鋭利なもので破いてしまったり、鍵などをポッケに入れたまま寝てしまって、穴が空いたなどという話もあるらしい。その点、セルフインフレータブルはエア式よりは長持ちするらしく、ゾア 20Rも良いのだが、水色が好みではない!ということNEMO ORA20Rが有力になった。

NEMO テンサー 出典:公式サイトより
NEMO ORA20R 出典:公式サイトより

しかし店員さんの話では一番雑に扱える昔ながらのマット(THERMAREST アウトドア クローズドセルマットレス Zライト ソルNEMOスイッチバック レギュラーみたいなモデル)がオススメらしい。
冬はその上にORA20Rのようなマットを敷くのが良いと。ORA20Rだけだと25mmの厚さで流石に冷たくなってきてしまうだろうと。もちろん寝袋やその時の気候にもよるが。海は比較的暖かく、山の朝は海沿いよりも冷え込むし、場所によっても変わるとのこと。確かに状況でいろいろ変わるだろうから、少しづつでも試して自分なりの野外の寝床を検討していきたい。ゆくゆくは山、雪山へも行きたいし。

また、マットやコット下にGRABBER(グラバー) オールウェザーブランケット などを敷くのも良いと。コットで寝る場合はコットの下にバックパックなどの荷物を置くことでより空気を遮断しあったかくなるからおすすめとも言っていた。
それから寝袋だが、僕はSnugpakマリナー スクエア ライトハンドというモデルを使用しているが(下限外気温度-7度、快適温度-2度)11月くらいはまーまー快適に寝れた。

出典:amazonサイトより

経験豊かな店員さんは寝袋は3シーズン用と冬用の2つを所有しているらしく、12月から4月くらいまでは冬用で過ごしてるみたい。もちろん行く場所にもよるが。。で、店員さんの知り合いの方のちょっとした話だが、ISUKAのダウンプラス ニルギリ EXというモデルを購入した方が、真冬に部屋で窓全開で寝てみたが、朝汗をかいて起きたほど、保温力は抜群だったらしくおすすめですと言っていた!個人的には、次に寝袋を買うときはNANGAが良いなーと思っているが、、、。NANGAのダウンジャケットを持ってるのだが、長持ちするし、使い勝手が良く。しっかりした作りで素晴らしい商品だったのでNANGAへの信頼が熱いのだ!

出典:公式サイトより

最後に枕の話だが、ちょっと前にムーンライトギアさんで体験させてもらったNEMOのフィッロエリートが良いなーと思っている。モンベルのマットに固定式も惹かれるが、最近なんだか気になるNEMOのピローがコンパクトでよろしい!しかも色気付いてフィールドコレクションのものが欲しいなと。

出典:公式サイトより

まとめとして、今後の展開としては、寝袋は今あるsnugpakを使用しつつ、マットにNEMO ORA20Rに後々サーマレストクローズドセルマットレス Zライト ソルの合わせ技で枕はNEMOのコンパクトさんで冬に挑もうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です