dji osmo pocket 防水ケース ついに発売&購入!

ついに発売されたosmo pocket防水ケース!正式には2019年8月7日発売とのこと。ネットでは発売前から売ってるところもチラホラ。osmo pocketを購入したときからの念願の商品で値段もポイント使用し、4,000円程で購入できたので即買いでした。
箱をあけると以下の商品が入ってました。本体、説明書、滑り止めインサート×3。説明書は日本語もしっかりありました。

早速、osmo pocketを入れようとギザギザ部分の輪っかを回して、蓋を開ける。

と、開けた瞬間、輪ゴムみたいな黒いゴムリングがぴょーんと飛んだ。ん?なんだ。説明書にも何も書いていなかったが、おそらくレンズ部分の溝に入っている、浸水防止的なものだろうと。(下の写真の輪っか手前部分、ぼけているが、、、)このあたり説明書に無いのでちょっと怖い、、、。水没したら本体に関わるところなので。このあたりがdjiブランドのアフターフォローの甘さだろうか、、。

で、本体を入れる前に設定が必要で、まず本体を起動し、下記画面の水中モードにする。(※注意:2019年8月現在の最新ファームウェアアップデートの必要あり)

画面を選択すると以下の画面になり、電源OFFにする。

電源を切った状態で、説明書右頁にある固定器具をとり、本体を防水ケースに入れていく。

一緒に滑り止めインサートをいれ、固定金具をカチッとするまではめる。

これでカバーを取り付けて完成!

防水ケースのボタンで本体の電源を入れると起動し、充電電池マークの横に水中モードになっているアイコンが表示される。これで無事撮影ができる状態に。水中モードだとレンズを向けた方向にカメラも付いてくる仕様になっている模様。

後は、実際に海やら水中やら水のある場面で撮影だ!!!

ここまでの触った感じだとさすが純正と言うこともあり、しっかりとしている印象。これでほんとに水深60mまでいける!!!いかないけど。
この夏の撮影が楽しみになる満足感ある商品でした。

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close