シュノーケリングに必要なモノの記録

20190909
最近はキャンプより、海に行くことが夏のせいか多い。ということで、シュノーケリングを楽しみ始め、2年?毎年思うことがあるから、記録記録。

下記4点が基本。これがあればシュノーケルは楽しめる。
=====================================
・水着
 →私はpatagoniaのバギーショーツを使っている。普段使いできるのもgood!!!


・マスク&シュノーケル
 →メジャーなリーフツアラーので十分かと。

・ライフジャケット
 →メジャーなリーフツアラーので十分かと。これはamazon限定らしい。。
股下を通し、固定する紐が無いが、浮力に問題はないかと。173cm70kgの体型でLでちょうど良い。多少小さめで体へのフィット感が良い!

・マリンシューズ
 →岩場を歩くから必須かな。

私は上記のものを使ってるが、ベルクロが意外と邪魔。砂がつくとほぼつかないし、、、。ワイフ仕様の下記シンプルなものの方が携帯でき、洗いやすくシンプルで良いと思う!


=====================================

それから、あればより良いのとしては、
======================================
・ラッシュガード(上下長袖長ズボン)
 岩や時期によってはクラゲ対策に!amazonさんに安価で良いものがある!
 上はpatagoniaだが、下は以下のamazonさんで書いました。
 多少太り気味な173cm70kgだが、XLで問題なかったです。


フィン
 →陸や浅い水辺はとても歩きずらいが、バタ足での前進力はやはりある!
  こちらもリーフツアラーで始めは十分かと!マリンシューズでも素足でもいけるこちらがオススメかな。


・手袋
 →岩や石をどかしたり、無いと意外と傷だらけになり、地味に痛い思いをすることに。。。毎年これを忘れてしまう。。。

・スマホ防水ケース(+貴重品入れ)
 IPX8と書いてあるものを選んだ方が良い!
 下記、防水バッグ(20L)とスマホケース2つで、なんと1680円!!な商品を買ったが、これはお買い得でした!!!
私はスマホケースに車のキーを一緒に入れ、財布とかはすべて車の中において遊ぶ!
 

こんなもんでしょうか。

あ、後、シャワーなどがあるところは良いが、沖ノ島のようにシャワーがなかったりするところでは、バケツ(水をためて流せる容器)とすのこのようなものがあるととっても便利!砂がつくので、車に乗る前に水で流し、そのまま地面だと汚れるので、すのこの上で水で流す。そうすれば、砂はつきにくい。OZ家の奥様に教えていただきました。なるほど!!!来年は二つしっかり持って行こう!

出典:全てamazonサイトより


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close