ファミリーキャンプ【初テント編】

20200209
ファミリーキャンプをはじめて2年半が経過し、現在、僕と奥様と9歳男子と5歳女子家族4人。2年半前に始めた頃は子供たちは6歳(と10ヶ月)男子と2歳(と10ヶ月)女子。父の僕は徐々にキャンプ沼にはまり、アウトドアの事、道具のことなどを日々考え楽しんでいる。奥様もアウトドア は好きだが、道具というよりみんな(できれば複数家族で)で楽しくキャンプ、アウトドア を楽しみたい派だ。

そんな僕が現時点で思うファミリーキャンプ(テント)についてのことを書き留めておこうと思う。

OGAWA ティエラ5-EX
出典:amazon

最初にテントを買ったのは2014年ごろだっただろうか。ツールームテントに憧れ、小川テント銀座ショールームがあった頃、小川テントのティエラ5-EXを娘の出産祝いとして両親に買ってもらったのが始まりだった。その後、子供もまだ小さかったり、予約しても行けなくなったりで、月日が経ってしまい、ようやく初めてのキャンプが2017年の夏、群馬くりの木キャンプ場。初回なのに大雨の中撤収という洗礼を浴びたが、ティエラ5-EXはびくともしなく、雨漏りも一切せず、家族4人を守ってくれた。ティエラ5-EXのすごさを感じた。最近スノーピーク等で発売されているエントリー向けのツールームは安いがやはり生地感が薄く、ティエラに比べて頼りない感じはある。耐水圧も違うし。
しかしながらOGAWAのティエラ5-EXはスペックは素晴らしいのだが、かなり収納サイズが大きいのと、重さも22kgとかなりの重さ。スノーピークや他のツールームをやはりかなりの重量だ。車に収納力がある家、家が一軒家でなおかつツールームのテントを干せる場所がある家はツールームをお勧めするが、個人的にはシェルター、カンガルースタイルをお勧めする。
代表的なものとして、NEMOヘキサライトのカンガルースタイルだろうか。個人的にはNEMOヘキサライトを二股にし、2、3人用の設営が簡単かつ軽量なドーム型を2つ購入し、カンガルースタイルにするのが一番効率的で経済的だと思う。3人家族なら尚更3人用のテント1つで問題ないと思うので良いと思う。このスタイルは後々子供が巣立っていった時や、登山がしたくなった時、ソロキャンプや夫婦でキャンプなどスタイルが変わっていった時に対応力があるスタイルだと思う。
現に私が最近登山に興味があり、ソロキャンプにも行こうとしている。その時、ツールームでも良いのだが、どうしてもスペックオーバーしてしまうので、シェルターカンガルースタイルでかつインナーテントを山岳テントにしておけば、無駄が少ないと思う。(山岳テントの場合、天井が低いのでテント内の快適性は得られないのが欠点)

NEMO ヘキサライト 6p
出典:iwatani primus公式サイトより

なので、キャンプをはじめたい、はじめる時に買って行く道具たちは、後々の色々なことも考え、買っていってほしいと思う。

で、後々ソロや登山をする可能性がある場合や冬キャンプを考えている方々へ
私が思うベストなスタイルは
3人家族の場合
シェルター(NEMOヘキサライト6p) +軽量で設営しやすい3人用ドーム型テント。
4人家族の場合
シェルター(NEMOヘキサライト6p) +山岳用2人用テントとキャンプ用2、3人用テント。

3人用テントの例
NEMOダガーストーム3p

出典:iwatani primus公式サイトより

MSR Zoic3
コチラは子供が小さかったら4人もいけるかと思う。

出典:MSR公式サイトより

ノースフェイス トーラス4
コチラは日本では売ってないかもしれないが、amazon、メルカリ、ヤフオクで出ている時がある。

出典:amazonより

2人用テントの例(山岳テント)

NEMO tani2p

出典:iwatani primus公式サイトより

NEMO atom2p

出典:iwatani primus公式サイトより

atom2pは安いがあまり登山で使用している人はいないっぽい。。。予算に余裕があればtani2pが良いと思う。
atom2pとtani2pはかなりコンパクトになる。山メインの場合はやはり日本のメーカーの山岳テントが良いと思う。arai エアライズ2、モンベルステラリッジなど。MSR、ヒルバーグは正直かっこいいが収納時がかなりでかいので個人的にはお勧めしない。

ヘキサライト 以外にも最近はシェルターが色々発売されているが、ヘキサライト はとにかく設営が簡単。本当に10分で立ってしまう。この早さは小さな子供がいると非常にありがたいことだと思う。インナーのテントもnemoのものであれば設営は簡単だと思う。(実際に体験してはないがブログなどを参考にすると)。またヘキサライトの場合、干す場合の設営、デイキャンプだけなどの場合も非常に重宝する。しかも佇まいがカッコ良い!

————————–
ヘキサライト カンガルースタイルのメリット
・設営が簡単!
・デイキャンプにも使用可能!
・冬はストーブ(石油・薪)を入れて過ごせる
・ソロ・デュオキャンプにも対応可能
・山岳テントをインしておけば、登山時にも使用可能。
・インナーテントを自立型ダブルウォールにしておけば、
 夏フライをとり、快適に過ごせる。

ヘキサライト カンガルースタイルのデメリット
・インナーテントの居住性が悪い。(天井が低い)
————————–


ヘキサライトのカンガルースタイルは色々応用ができるスタイルだが、居住性を求める方、お金持ちの方は2ルームでも全然良いと思うし、OGAWAのグロッケやZANEATARTS ZEKU、ノースフェイスノーススターのようなテントも選択肢としてはあるが、個人的には
ヘキサライトのカンガルースタイルが様々な応用が効くのでお薦めです!

OGAWA グロッケ8
出典:ogawacampal公式サイトより
ZANEARTS ZEKU-M
出典:ZANEARTS公式サイトより

ちなみに我が家は現在、TOP画像にもあるように
ヘキサライト 6p+ROBENSグリーンコーンのカンガルースタイルであるが、グリーンコーンの設営がカンガルースタイルにした時かなり大変なので、色々模索中。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close