登山・トレイルに向けて[準備編]

20200301 🔄20200304更新

アメリカ横断の夢

2020年も明けて2ヶ月が経ち、すぐそこまで春がやってきているような気持ちになりながらも、世の中はコロナ問題でテレワーク、休校など様々な問題が巻き起こっている。土日もあまり派手な外出を控えており、色々、登山・トレイルについて思いを巡らせている。もうULなど当たり前の世の中かもしれないが、今個人的には荷物をいかに軽くするかを考えている。先日行ったソロキャンプでの荷物の量に驚愕して、改めてシンプルに合理的に道具を整理していきたいと思った。僕には目標があり、それはエベレスト、K2登頂とかではなく、アメリカの国立公園をトレッキングで巡りながら、テント泊したり、モーテルに泊まったり、キャンピングカーで移動したりしながら、ワイフと一緒に旅をすることだ。喧嘩もするだろうし、病気にもなるかも、お金も必要だし、英語力も身につけないとだが、そんな素敵な旅を人生で一度でも良いから自分の力でワイフと行きたい。(ただワイフが望んでなかったらこの話は。。。)自分の気持ちを少しだけ代弁してくれるビジュアル、本があった。なんつーかっこいい人生、かっこいいライフスタイル!

アメリカのトレッキングとなるとジョン・ミューア・トレイルが有名ととある方に教わり、いつの日か歩いてみたい。ちなみに映画にもなっており、amazonプライムでも視聴可能だ!Mile… Mile & a Half
それからヘンリー・デイヴィッド・ソロー「ウォールデン 森の生活」は読んでおいた方が良いと教わった。内容が難しいみたいだがw。

話が飛躍したが、そんな目標を持ちつつ、日本で今できること、したいことを家族の時間を大切にしながら、一歩一歩進んでいきたい。

まずは日本の登山で必要なものリスト

で、急に現実だが、現状基本ファミリーオートキャンプをベースにした道具が中心だ。ここから数年かけてまずは日本で登山、トレイル出来るように準備していきたい。

必要だと思うもの
・山岳軽量テント
・寝袋
・スリーピングパッド
・50-60lザック(Wildthingsの70L代用できるかな)
・トレッキングシューズ
・トレッキングポール
・レインウェア
・エマージェンシーキット
・バーナー、クッカーなど(この辺りはiwataniのウルトラバーナーがある)

パッと思うだけでもこんだけある。。。
そりゃモンベルになるよね。。。
しかしそこはモノにもこだわって楽しんでいきたい!

山岳テント

で、山岳テントは、前回の記事(ソロ&登山 2人用テント探し)からのアップグレード的な感じで
zerogram El Chalten 2P(or 2020年発売2.5p)
zerogram PCT UL2
araitent トレックライズ2
araitent エアライズ2
MSRハバハバ 
 (なんと今なら並行輸入品だが45980円という破格、しかも2019年モデルチェンジもの)保証はないだろうが、お買い得だな、、、2020年3月4日現在)
MSRゾイック2
と、現状候補はこんな感じ。いろいろ悩んだ結果、個人的にはZEROGRAMが良いかと思った。ただel chaltenは高い。。。MSRはかっこいい憧れもあるのだが、日本の山に適していないという声が色々聞かれる。やはり稜線に張っても大丈夫な奴が良い。となるとARAI?ARAIは信頼、歴史ある素晴らしいテントなんだがちょっと地味でガチなイメージ(そこがかっこいいが)。おそらく登山に年に何回も行くようになったらARAIが良いと思っている。MSRはアメリカもしくはヨーロッパ、日本をロングトレイルする時はいいなーと。となると現状だとZEROGRAMが今もっとも気になるテントとなった。PCT UL2も風速30mに耐えられるみたいで、風速値だけでいえばel chaltenより上だとか。。。とメーカーの方が言っていた。
で、その後ARAIテントさんにお話を聞くと山は一定の方向から風が吹く訳ではないから、必ずしも風速だけでテントの強さは決められないと。だからARAIテントは風速については特にテストもしていないし、数値として世の中に出してない。長年の実績でご判断くださいとこのことでした。さすがARAIテント!!!

zerogram El Chalten 2 サンドモス  出典:公式サイトより

寝袋

寝袋はずっとNANGAのオーロラライト450dxにしようと思っていたが、色々調べるとどうやらUDD 630あたりが良さそうだ。オーロラに比べて湿気がたまりにくく、快適に過ごせるのはUDDシリーズみたいだ。オーロラは防水、UDDは撥水。夏場の暑い時はお腹だけにかけるとか、どうにでもなるが、寒さだけはしのげないので630あたりを持ってることをとある方が言っていました。なるほどなるほど。ということで、現時点で寝袋候補はNANGA UDD630dxとなりました。

出典:公式サイトより

スリーピングマット

スリーピングマットはNEMOスイッチバックかサーマレストZソルの上に
NEMO ORA20Rあたりを考えていたが、下のマットは山と道のSLEEPING PADSにしようかなー。
しかしながらRは少しお高めなので、sirex カンチェンジュンガ 195 にするつもりだ。

出典:山と道 公式サイトより
sirex 出典:amazonより

トレッキングシューズ

以前お店で見たKEENシティズンが履きやすく、日常使いもできるかな?おそらく北アルプスなどに行くのはまだ先だと思うし、まずはこのくらいのモデルで良いかなと。ソールが柔らかいけど、石川直樹氏は6000mまではダナーライトで行っていたし。

メンズ | シティズン キーン リミテッド | 防水ハイキングシューズ

出典:公式サイトより

んー、しかしながらもう少し本格的なものの方が良いのかな、、、アイゼンをはめるのとなるとKEENは生地が柔らかいみたいであまり向いていないらしい。
そんな記事をこの前見つけて、やはり街用もしくは簡単なトレッキングくらいでの使用が無難とのこと。

トレッキングポール

こちらは正直ほとんど知識がない。。。
LEKI、Blackdiamondが有名らしいが、Black diamondは昔少しだけクライミングをしてた時にチョークバックを買ったのがBlack diamond。ので、馴染みがあるので、Black diamondのトレイルが良いかなと。初心者が使用する傾向があるみたいだが、安いほうだし良いのかな。

出典:Amazonより

レインウェア

ノースフェイスのマウンテンジャケット、アルパインライトパンツをを所有しているので、日帰り登山ならレインウェアは必要ないかなと思っているが、軽量化を考えたり、3シーズンの自転車通勤時の雨を考えると、ストライクトレイルフーディーストライクトレイルパンツをいずれほしいと思っている。重さ上下で225gで耐水圧20000mm!しかしながらノースフェイス の登山経験者に伺ったら、ストライクトレイルはトレイルランニング用なら良いがとのお話で、ノースフェイスならクライムライトジャケットか昨年でたFUTURELIGHTあたりが良いとのこと。となると、モンベルとかが妥当なのかもしくはワークマン、、、

他アイテムも調べたら記録更新していこう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close