20200321
3連休中日。家族で初めて登山へ。昨年年末に秩父の登谷山・皇鈴山を縦走的な感じで歩いたが、ほぼ頂上まで車だったので、今回はちゃんとした登山道を通って頂上を目指す。oz家とも行こうと言っていたが、急遽的な感じだったので、今回は我が家のみ。朝、7時20分に出発、8時40分ごろに筑波山つつじヶ丘駐車場に到着。まだ駐車場も空いている。今回は5歳の女の子もいるので、筑波山でも一番難易度が低そうなおたつ石コースを選んだ。

出典:http://www.mt-tsukuba.com/?page_id=249

駐車場の上には妙なカエルたちがいる。

こちらがおたつ石コースの登山口。9時ぴったりに登頂開始。
格好は私はTシャツにロンT、その上にユニクロの薄手のパーカー。念の為、ノースフェイスの薄手のジャケットを持っていく。パンツはノースフェイスのアルパインライトパンツ、足元はKEENのジャスパーロックス。
ワイフはロンTにノースフェイスのスクープジャケット、gパンに、履き潰したニューバランスのスニーカー。子供達はTシャツにパーカーを羽織り、足元はスニーカー。この日は暖かく20度近くまであった気がする。

登り始めからなかなかの急坂。あっという間に駐車場が下に。

ゴツゴツした岩をぬって登っていく。

登り始めて8分後、いきなり娘休憩。この先大丈夫かな。。。

急な岩場を抜けてどんどん進む。5歳の娘も疲れたーを連発しながらも上へ上へ。岩を登っていく感じが楽しいようだ。

少し登ると多少緩やかになったりしつつも上へ上へ。

9時55分。弁慶茶屋跡地に到着。通常だとここまで40分くらいだが、子供の足で55分は立派!

少し休憩して、さらに女体山山頂を目指す。

ここからは様々な石の名所、筑波山パワースポットが現れてくる。

と、弁慶茶屋から少し行ったところで渋滞発生。。。
行きの車では渋滞しなかったが、ここで渋滞。。。

渋滞したりしなかったりで、二人で頑張って歩く。

こんな岩もあります。

実際に見ると落ちてきそうな迫力!

頑張って歩いて、頂上が近づいてきたところで、さらなる渋滞が。。。

待って待ってなんとか頂上に到着ー。11時ぴったり。女体山頂上まで本来だと80分ほどらしいが、渋滞などもあり2時間。でも子供達は本当によく頑張った!
そんな頂上も人で溢れていました。。。
頂上の神社の巫女さんのお話だと、混んでる方だが、GWとかだともっとぎゅうぎゅうになるくらいだとか。。。ちょっとGWなどは近づきたくないなw

女体山の頂上は意外と狭く、断崖絶壁な感じで絶景が広がっていました。

頂上から見下ろす、つつじヶ丘駐車場。圧巻です。
観光地だろうと舐めていた部分もあったが、さすがに日本百名山だけはあるなと(一番低いが)

お昼は男体山と女体山の間の御幸ケ原で食べる予定が、ちょっと私の凡ミスでロープーウェイ乗り場に向かってしまう、、、

女体山山頂から5分ほど下るとロープーウェイ乗り場。展望台もあり、トイレあり、自販機もあり、お店もあり、で観光地っぽい。机とベンチが3セットくらいあり、ここでお昼にすることに。ワイフのおにぎりとからあげでお腹いっぱい。

女体山から男体山を望む。

桐生パーベイヤーズで出会ったyamasankaもあり、ちょい興奮。

帰りはロープーウェイで下山。5分くらいかな。

こちらのロープーウェイはスイス製らしい。

12時45分。無事つつじヶ丘駐車場へ到着。朝早く起きて登った甲斐がありました。小さなお子様がいる家族の登山には最適な山ではないでしょうか?
2、3歳くらいのお子さん、背負子におチビちゃんを乗せて登るお父さん。ロングコート&スニーカーみたいな街着で登るお母さん。トレッキングポール で本格的な方々。様々な方がいましたが、最初の登山には最適な山ではないかと思いました。今度は女体山までロープーウェイで登り、男体山まで歩き、ケーブルカーで下山し、迎場コースを歩くコースにチャレンジするかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close