NANGA UDD BAG 630DX 冬用シュラフ&4シーズンも

20200513

NANGA UDD BAG 630DX ついに購入!

2週間前ほどにNANGAのサイトを見ていたら、「ん?アウトレット?」あまり見慣れない文字に押してみると、ナンガ検査基準として新品として販売できなかった商品を安価で売っているのではないか!!!
まだやってるアウトレットセール!https://store.nanga.jp/collections/outlet
(2020.5.20現在)


しかも憧れのUDD BAG630もあるではないか!定価55000円と庶民にはなかなか手が出せない金額だったので、コツコツ1年計画で貯めていて、正直、オーロラライト、UDD450DXやさかいやスポーツさんのオーロラライト600DXの別注も考えていたが、1年通して使えるものを考えていたので、ISUKA700、630あたりとNANGA UDD 630DXで考えていた。ISUKAは暖かいのだが、NANGAよりデフォルトの収納が大きいのが気になっており、(コンプレッションしたら同じくらいかもだが→ISUKAのコンプレッションされたされた動画はBBGさんのギア紹介動画で確認できる。)
https://www.youtube.com/watch?v=62bb51ydwTU
厳冬期の冬山に登るまでは考えていないので、UDD630DXが第1候補だった。
このチャンスはもうなかなかないと思い、思い切ってポチり。

コロナの影響で到着は少し伸びたが、無事到着。

思ったより、かなり小さくて軽い!!

収納バッグも付いていた!

スナッグパック のマリナーと比べると大きさも重さも断然NANGAさんのが軽い。しかも永久保証!少し高くはつくが良いものは良いと実感。
UDDBAGはオーロラライトよりも更に水に強く、中の羽毛まで撥水加工がされているため、湿気や結露で寝袋が濡れるにくい。(ISUKAのものは防水カバーなどが必要だが)

いざ、開封!数分でモッコモコ。

やはり多少ダウンの濃いところが見えたりするが、全然気にならない。どうせ汚れるのだし。中のダウンなどが気になる方は、赤や青を選ぶと良いかも。

NEMOの枕をインして、バッチリ!

カッコ良い惚れ惚れするロゴ!

で、この際部屋に吊るして保管することにしました。ダウンは特にしまいこんでおくと押しつぶされ、久しぶりに使うとき、膨らまず本来のダウンの能力を引き出せないということで。左はスナッグパック マリナー。こちらも-7度まで耐えられると書いてあったが、昨年冬体感した時はめちゃくちゃ着込んで、夏用シュラフの中に入り、なんとかしのいだ感じなので、おそらくNANGAの方が断然あったかいだろう。今年の冬が楽しみだ!

もちろん、夏も掛け布団的に使用するつもり。1年中キャンプに登山に使える寝袋。そんな夜が今から楽しみでしょうがない。

出典:メイン画像は公式HPより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close