2020夏 下田旅行 in 入田浜

20200904-06
コロナ前から予約していたこともあり、対策を万全にして恒例の下田へ。
9時40分ごろ出発、なんやかんや渋滞に巻き込まれつつ、海が見えてくるとテンションは上がる。毎年この時期は台風に悩まされ、今回も超大型台風が来ているところだったが、微妙に外れてくれ、なんとかこの青空。

結局14時半ごろ到着。5時間ほどかかったな、、、とほほ。

地元の方がいっていたが、海はかなりの高波。海水浴はできないくらいだと。
しかし海は美しい!!!

金曜日のせいか、9月のせいか、台風のせいか、入田浜にはほとんど人がいない。

駐車場から2分くらい歩いて、今回2泊お世話になるFULL DECKさんに到着。

ベッドも部屋も綺麗。

と、このウッドデッキが素晴らしい。

長男は早速水着に着替え、外へ。

目の前に海!最高だ!
今回はSUPも持ってきたが、ちょっと無理そうかな。ただ前日か前々日まで雨予報だったので、この青空だけでも良かった!

海で1、2時間遊んで、

夕食はこんな時期に申し訳ないが、どうしてもな上の山亭へ。
毎年来るが、ここのアジの丼ものや味噌汁など、めっちゃくちゃうまい!しかも値段の割にボリューミー。マジでお勧めです。

夫婦でアジの丼ぶり。絶品です。

お腹いっぱいになって、宿に戻ると海に浮かぶ月明かりが出迎えてくれました。写真の何十倍も美しい幻想的な風景でした。

夜、ちょっとしたハプニング(部屋に蟻が出現。数十匹くらいかなー、ちょっと殺虫剤でしのいだが、、、)がありましたが、なんとか就寝。

翌朝も快晴!!!

素晴らしい朝焼け。

ワイフと長女で海へ。

相変わらず波は高いが、幻想的。

SUPは諦め、この日は気になっていた小さな浜(碁石が浜海水浴場)へ朝一で向かう。しかしながら浜に降りれないらしい。。。コロナだし、9月だし的なことかな。しょうがなく、田牛の浜へ。しかしこちらも波が高すぎる。田牛のサンドスキーをやろうと思ったら、ソリ的なレンタルもどこも閉まっている。。。

で、この時点で朝9時。宿の方が九十浜海水浴場がいいのではという言葉を思い出し、少し離れているが向かう。
駐車場にはそこそこ車が止まっていた。

海へ向かう。
わーーーー、超綺麗なブルー。

波も高くなく水温もいい感じ。九十浜で大正解!!!
2時間ほどシュノーケリングも堪能し、大はしゃぎ。

お昼前、戻ることに。

宿に戻る車からの九十浜。最高に綺麗だった。

宿に戻り、駅まで買ったMACをほうばる。

子供達はまた浜で少し遊んで、その間私はデッキにZEROGRAMのテントを設営。どうしても立てたく、わざわざ持ってきてしまった。

ペグが打てないから、中途半端な感じになってしまったが満足。

夕方は石廊崎に。2年前は駐車場止まり、昨年は灯台までしかいけず、3度目の正直で神社に向かう。16時。なんとかいけそうだ。

念願の熊野神社。崖の先端に、、、ひえーーーー

こちら石室神社かな。崖に建っている、、、誰がこんなところに、、、、
ワイフはようやくこれたと嬉しそうだった。そういや新婚旅行のスイスでも崖の上に平気で座っていたな、、、おそるべしワイフ。

長男も怖がりながらも絶景を眺める。

帰りにやまやというお店で夕食をいただいた。17時開店前に数名並んでいた。美味かったが上の山亭には敵わず、、、かなり綺麗なちゃんとしたお夕食って感じ。

夜は花火をして、満喫。とても静かな海。星空も綺麗。

あっという間に三日目朝。この日も快晴。少し台風が近づき、突発的な雨なども降ったが、最後の入田浜を堪能し、10時チェックアウト。

帰りにこちらも長男希望でizooへ。私はkawazooに行きたかったのだが、、、。

大変な世の中だが、またこうして家族と下田にこれたことをどこの誰かにかはわからないが感謝をしつつ、来年はコロナ無き世界になってほしい。

そういえばチケットが当たった10月公演のケミカルブラザースも来日中止。フジロックや様々なイベントが開催されない中、ニューノーマルな世の中でなはく、いつもの夏、いつもの生活が戻ってきますようにと宇宙に願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close