20210424
東京・大阪・兵庫・京都で緊急事態宣言が開始される前日、千葉の伊予ヶ岳に家族で登ってきました。8時45分ごろに家を出て、渋滞もあり平群天神社の登山者用駐車場に着いたのは11時過ぎ。駐車場は20台くらい駐められるだろうか、ほぼ埋まっていたが、なんとか駐められた。

トイレもあり、ゆったり広い境内。

準備をして、11時25分登山口から登山開始。

案内板もあり、迷うことはない。

天気もよく、新緑がとても綺麗。

15分くらい歩いたところで木の根っこの道が出てくる。鬼滅の刃の類の髪型みたいw

少し登るだけで眺望もなかなか良い。

12時ごろ、途中の眺望が抜群の東屋へ到着。この席でご飯を食べても良かったが、頂上で食べたいと長女が言って、そりゃそうだと。

東屋の上の階段の先からが噂の鎖場などがある岩場が始まる。

看板にも大変危険ですとのこと。家族は私が高所恐怖症40代、ワイフは高いところもへっちゃらガンガンいくタイプ40代。長男は運動よりゲームが好きかなな10歳小五なりたて。長女小学生なりたて6歳。子供達が怖いと言ったらここで止めようと思っていたが、、、とりあえず行ってみる。

下の写真が最初の岩場。女性3人組が降りてきていたが、かなり怖かったみたいで降りた時みんなで拍手w

東屋少し前でベテラン風なおじさんに岩場は登りはまだ良いが降りが結構厳しいかもよーと。確かに我が家は私だけが登山靴。他3人はスニーカースタイルだった。しかし我が子達は登っていく。はじめはロープも使わずに。かなりの急斜面だが、、、。すごいな子供達。

この登りは結構続くので写真はなかなか取れない。長女も6歳にしては身長が高い方だが、ロープがつかめない箇所などあり、少し不安な場所もあったが、大人がサポートしながら登る。ちなみにワイフのリュックは新婚旅行のスイス旅でも使用したALDIESのリュック!

写真では伝わりにくいがなかなかの急斜面。ちょっと足を滑らせると確かに危ない。しかも下の土が結構サラサラしていて滑る。正直登山靴があったほうが良い。(子供はグリップ力のある靴とかかな)

で、12時半見事頂上に着きましたー。やったぜ!すごいぞ子供達!

ここの角度の景色が素晴らしい!

人もそんなにいなかったので頂上の机で昼食!お母さんの手作り弁当。最高でした!頂上には4人用の机とベンチ1セットと二人用ベンチが1つありました。
二人用ベンチには若いカップルが座ってランチしてたかな。軽装だけど靴はしっかり登山靴でした。

良い景色で長女がヤッホー!

で、北峰に寄って引き返す予定だったが、登ってくる途中のベテランおじさんに聞いたルートで下山することにした。北峰からさらに先へ行き、ぐるっと回って東屋へ戻る周回コース。下の写真のようなルート。少し時間はかかるが小さな女の子にとってはそっちの方が良いかもよと。長女はさっきの崖を降りたいらしいが、長男はやはり少しビビってたのか周回コースが良いと。

ランチを食べ終わりいざ北峰へ。

北峰から南峰を望む長男。

景色は良い!

で、周回コースで下山。周回コースは人気がなく良い感じ。

しかしながら写真はないが、周回コースもなかなかハード。ロープや木につかまりながら降りる。下は土なので少々滑る。でも、確かに行きの岩場よりは安全かな。で、途中急に開ける場所がある。ここでキャンプできそうだなーな不思議な空間。

奥のベンチで休憩して再出発。

東屋に戻ってきたのは14時45分ごろ。

長女は岩場にもう一回チャレンジしたいと途中まで登って降りてきたw

元来た道を戻り、

15時20分、無事登山口に帰ってきましたー。

で、感想は思ってたよりハードでした。子供二人をみながらの岩場はなかなか大人でもスリルがあるなと。慎重に行けば問題ないが、無理はしないほうが良いかなと。今回は子供達の頑張りにびっくりな登山でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です