20210716
先日のくりの木ソロキャンプで悔しい思いをした勢いもあり、ずっと欲しかったソロ用も踏まえたNEW焚き火台ピコグリル 498を購入!。焚き火台はキャンプを始めたことから使用しているご定番のユニフレームファイアーグリル。1年ほど前から焚き火台の重さが気になるようになり、ワイフもキャンプ場でピコグリル 398を目の前にして、いいなーと言っていた。と言うわけで1年ほどずっと軽量コンパクトな焚き火台をなんとなく探していた。いろいろあるが、個人的にはパーゴワークスのニンジャファイアースタンドとピコグリル 398でずっと悩んでいた。(ウルフアンドグリズリーもよかったが重さがね、、、)
そんなか、くりの木キャンプ場で雨の中、石炉の位置を気にしてタープを立てたり、諸々大変だったため、やはり持ち運び便利な焚き火台が欲しいーなーと切実に思ってしまった。

そんな中、そういえばピコグリル の新しいのが出ていた気がと調べたところ、498が発売されていた!比較したところ398も良いのだが、やはりここは改良された新商品の498に決定した。収納サイズはあまり変わらず、薪を置く場所が広くなり、調理の時も398だと火から遠かったものが、2段階調整できる仕様になっている。デザインは398の方が好きなのだが、機能を知ると498も素敵に見えてきた。

で、7/16早朝ピコグリル 498が届く。今回はピコグリル 正規販売店のpikariさんで購入!注文した翌日に発送で翌々日には届いてた!素晴らしい速さ!
ちなみに398は持っていないので比較はできないが、かなり軽くてコンパクト!

OD缶を並べてみる。

出してみる。

袋の中は本体と説明書1枚と非常にシンプル。

台には正規品の証が!

組み立ててみた。10秒ですな。

レビュー動画でもあったが、確かに台の下のスペースが低い気がする。

40cmほどの薪を置いてみる。

収納サイズからは想像できない広さ!いい!

説明書!

で、ユニフレームとセットで使用していた焚き火テーブル、ネイチャートーンズオクタゴンファイアテーブルと組み合わせてみる。
そんなに違和感はない!

ちょっとテーブルよりも低めだが、許容範囲。

ピコグリル の上へ、ヘビーロストルをのっけてみる。(普通の網がなかったため)

うんうん、悪くない。

来週のキャンプでデビューさせる予定!ワクワクですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close