20211121
大菩薩峠の時の記録。気候は甲府は最高17度最低5度。てんきとくらすの大菩薩嶺の様子はこんな感じ。夕方から崩れ始めるみたいだ。風もまーまー強い。
確かに稜線でも冷たい風が強めに吹いていたので、onlyhoodがとても良かった!

バッグはhyperlite moutain gearの3400junctionといつも同様スペックオーバーで使用。ただ冬の1泊はこれくらいないと厳しい。

中身はこんな感じ。
ノースフェイスクライムライトジャケットストライクトレイルパンツ
化繊ダウンenlightenedequipmentのTorrid Jacket(フードなし)
リッジマウンテンギア ベーシックキャップ。トレッキングポールはlocusgearのcp3。sony α6400(軽いので標準レンズ)。キャラバンのてぬぐい。ナルゲンボトル500ml、プラパティス、カタダイン ビーフリー、ヘッドライト(念の為)、食料諸々(カロリーメイト、soyjoy、尾西ご飯)、エマージェンシーキット。充電関連。熊スプレー。プリムスガスストーブ、エバニュー カップ、シートゥサミットのカップ、オピネルナイフ#9ってな感じ。

服装はこんな感じ。イメージではもうちょっといい感じなはずなんだが、現実は。。。
キャップ:エルドレッッソメッシュ
ネックウォーマー:山と道only hood
Tシャツ:ユニクロairリズム
ベース:zerogram Trail Hoodie LITE T-Shirts
ミドル:patagonia R2テックフェイスジャケット(Mサイズ)
アウター:enlightenedequipment Torrid Jacket
短パン:GUアクティブ。
タイツ:山と道Light Alpha Tights。身長173cm体重75kg。
靴下:ユニクロヒートテック(パイル地のやつ)

アウターは朝のバス停の40分待ちの時に着ただけでした。バスにそのまま乗ったら、めちゃ暑かった。。。今度そんな時はアウターは脱ごう。
基本はaerogramとR2で歩いた。登りは流石に暑かったので、R2の前を全開。雷岩でご飯食べた時は少し汗冷えして、前を閉めたがダウンを着るほどではない。
汗もすぐ乾き、あとは下りということもあり、快適でした!

ちなみにアンカーの充電は50%ほどのiPhoneを100%に復活させ、ランプが一つ消えてました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です