20211207
自分の仕事やら、色々やるべきことが多く、なかなか更新できていないが、これからは家族、道具の記録もだが、アウトドアや登山、トレイルについて思ったことも書いていこうと思う。

今回思ったことは、山とファッションについて。
私はファミリーキャンプをきっかけに、アウトドアへと趣味を広げていき、子供が大きくなってきた頃から、登山にも行くようになった。そのうちなんでもノースフェイス時代は終焉し、ロングトレイルという文化にはまっていく。同時並行でULギアに凝りだし、ガレージブランドへと移行していく。日本のガレージブランドが頭打ちになりはじめると、海外から個人輸入し始める。で、そのうちギアというものよりも体験、経験へと思考が変わっていく。

そんな中、経験とギアのバランスが悪くなっていくことに気づく。なんせ子育てをしながらだと余裕がない、、、&仕事に追われる日々。となるとなかなか身軽にいろんなところに行けない。ギア購入で欲求を満足させたりするようになり、ギアだけがスペックオーバーになっていく。w
あー、20代の頃にハマりたかった!!!しかしながら、後悔はしてもしょうがない。

ガレージブランドガチガチ初心者登山も恥ずかしいし、かといって、全身モンベルも少し気が引ける。。。でも良いギアは初心者だろうがベテランだろうが快適だろうし。そんなことをグルグル考えていると何が正しいかわからなくなる。
で、ふとこんなことを考えていること自体がダサいので。。。
なんて考えにも至る。

んー、でもULも好きだしなー。でも山と道はもう北アルプスに溢れかえってるみたいだし。。。ん?なんで溢れかえってたらダメなんだ?
なんで人とかぶるのが嫌なんだ。。。とか、
ブランドのロゴがあたってしまう(パンツ、キャンプ、ウェアで)のもやだし。
なんだかまとまらん!

このブログの思考がとてもわかるw
https://makkikka.hatenablog.com/entry/2021/05/05/192913

私もこのループにはまっているのだと思う。

まーとりあえず、今はガレージだろうがナショナルだろうが、好きなものは好き!で着ることにする!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です