20220101-02
キッズ二人、1日早く30日に秩父のおじいちゃんおばあちゃん家へ電車でゆく。
小5と小1、特に問題なく寝てくれてよかった。。。
その次の日、嫁と私で車で秩父へ。

紅白歌合戦を見ながら、年越しは部屋で。長男は寝てしまったが、長女は起きており、Eテレで年越し。

で、僕のたなくじの結果。一応大吉!山あり谷ありかw

翌日朝は豪華!ありがとうございます!

で、元旦朝から、自分の実家赤城に電車で向かう。武川まで両親が迎えに来てもらい、助かる。下の写真が実家近くからの景色。

今回は妹が北海道から久々に来ており、色々な話をするために僕だけで実家へ。
妹のスパイスカレーうまかった!

で、翌日行けるところまで赤城山に登りたく、親父と下見に。
途中の川の雪化粧。

道は雪だが、スタッドレスでなんとかいけそうだと。
で、元旦夜は前からしたかったテント泊を山奥の敷地でするため、テントをたてる。

午後は延々家族の話。で、夕飯のおでん。

夜10時くらいだろうか、テントに戻る。気温-5度。

ゼログラムのテントは下が結構空くので、外気が直で入ってくるので、外気温度とあまり変わらない。。。装備はオールウェザーブランケットと山と道ULPad15+をしき、さらにニーモのテンサーアルパインと最強レベル。
寝袋はNANGA UDD630でpatagoniaR2の上に化繊ダウンで寝袋へ。足元はノルディスク のダウンシューズ。体の暖かさはばっちりだが、足がなかなか暖まらない。。。なので、足裏にくっつけるホッカイロをつけバッチリ。すぐに寝れた。
が、2時50分頃ふと目が覚める。しばらくYouTubeを観て、4時ごろ再び就寝しようと思ったら、犬が吠える声が、、、なんか動物が出たんか?熊?いのしし?鹿?裏がすぐ山ということもあり、ちょっとビビる。で、4時半ごろ気づけば寝ていた。

6時に起きるとめちゃ綺麗な朝焼けが。

親父が餅を焼いてくれ食べる。最高にうまい。

で、7時20分ごろ、利平茶屋へ出発。車で10分くらい。

駐車場についたが、トイレはあいてなかった。

7時50分歩き出す。

登山口。

人の気配は全くなかったので、動物のトレースが助かる。

こちら少しガタがきている橋。ケーブルカー跡地の階段まで2箇所ほどある。

空は真っ青。赤城ブルー。

チェーンスパイクと1000円のゲイターでもふもふな雪道をいく。

1時間ほどでケーブルカー跡地到着。9時。

覚満淵まで行きたかったが、夕方までに秩父に戻らねばでここで断念。
少し休んで下る。

10時。気温は1度くらい。

ちょいちょい巨大つららが。

10時10分。登山道へ降りてきました。

トレースのない雪道は神経を使ったり、色々経験できました。
来月あたり、黒檜山にチャレンジしたいな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です