20220129
下の子の仲良し家族で軽井沢プリンスホテルスキー場へ日帰りTrip!
個人的にめちゃくちゃ久しぶりなスキー。高校以来?
朝5時に起き、6時出発。まだ暗い中、みんな起きて駅まで歩く。子供達は暗い朝が新鮮みたいでウキウキ。

東京発6時52発の新幹線に乗り込む。

みんなウキウキ。

8時6分、軽井沢着。

スキー場まではバスで2、3分。結構混んでる。。。

レンタルやらスクールやらバタバタで結局10時前くらいからスクールでようやく落ち着く。子供達はみんなスクールで女性陣二人もスノボスクールに。パパは二人子守で。我が家だけ夫婦で自由になる。。。みなさんすみません!自分はクロスカントリーやバックカントリーへの憧れから、スキーをレベルアップしたく、スキーをすることに。

レンタルで1日5000円だっけかな。

長男のスキースクールに微妙に付いていくw

途中で嫌だろうなと思い、夫婦で頂上へ。初心者でも降りてこれるコースがあったので。

嫁のイカしたレンタルウェア。

自分はノースのマウンテンジャケットにレインパンツの雪山仕様でしのぐ!
できるところは節約しないとね!

パパKJが下の子の子守で遊んでいる。やー、偉いなーまじで。。。まだ1歳だからなー。

昼飯はここでピザなど。。。

友達夫婦はそばなど。ここではそばが正解だな。ボリューム的に。コスパが良い!

午後はスクールも終わり。自由に滑る。

と、ここで事件!小1、3名と長男小五、1名と母3名、自分1名でリフトで上から滑る予定が、母はみんなほぼ初心者。で小1、3名が先に走りはじめてしまい、ちょっと違うコースへ行きかけて、自分が慌てて止めにいく。その時、長男も後ろから滑ってきており、もともとちょっと疲れてたのと急に自分が止まれといったものだから、足をくじいたのか変なこけ方をし、足が痛いと叫びはじめた。しかしながら自分は小1、3名の元のコースへ戻す誘導でいっぱいいっぱい。その間も長男は叫ぶ。ようやく長男のところに行けたが、結構痛がっており、滑れないらしく、リフトで下るかと提案。リフト乗り場に行ったがこのスキー場は降りることはできないらしく、リフトのおっちゃんに相談したら、緊急な係員を呼ぶことに。しばらく待ってると女性の方が大きなソリを引っ張りながらやってきた。長男はそのソリに寝転び、全身をシートで包まれ、まるで亡くなった方を運ぶように下の医療室へ。自分はスキーで降りる。医療室で見てもらったがとりあえず骨は大丈夫だが、今日はもうやめておこうと。

いろいろお世話をし、少し待たせて自分はせっかくだから最後の滑りをしてくることに。母3人ボーダーと小1、3名コンピに自分でラスト滑り。

浅間山に向かって走る気持ち良い最後となりました!

4時、リフトも止まり、16時半くらいのバスで駅に向かい、18時過ぎの新幹線で帰路に着きました。オミクロンなどいろいろ悩むこともあったが、結果めちゃ楽しいスキー旅でした!!

「軽井沢日帰りスキー」への3件のフィードバック

  1. 結局、小5の長男はくじいてはいず、大丈夫だったのかな。
    その後、鋸山へ行っているのだから。
    まあ色々予期せぬことは人生つきまとうが、
    努力して、克服していくしかないのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です